特定非営利活動法人京都府ライフセービング協会は一般財団法人日本ライフセービング協会の加盟団体です

プールライフガーディングコース

  • HOME »
  • プールライフガーディングコース

プールライフガ―ディングコース

プールでの活動に安心感を
昨今では人々の健康志向による水泳が盛んに行われています。年間を通じた多様な活動も多く、その安全管理に「ライフガード」が存在します。
「サーフライフセービングコース」同様に、事故を未然に防ぐことを重点課題とした監視体制や方法論、救助法を習得します。 2012年6月に警備業法の適用により、プール監視業務を受託する際の警備員の資質向上が求められています。プールにおける安全確保に資する資格として展開しています。

プールライフガーディング講習会

目  的
プール静水域での水辺の事故防止に努め、監視・救助・救護などの安全活動に適切に対応できる基礎的な知識と技能を身につけた者とする。
学  科 

■プールライフガーディングとは ■プールに関する基礎知識 ■プール事故の原因と事故防止        ■プールの監視体制 ■プールライフガードの役割とコミュニケーション ■応急手当 ほか

実  技

■溺者の確保と引き上げ方 ■救助器材を用いたレスキュー ■溺水者に対するBLS(一次救命処)

受講条件

(1)15歳以上(中学生を除く)(2)クロール又は平泳ぎで100m泳げること、1.5m潜れること。(3)BLSを取得していること(他団体の認定資格も含む)。若しくはBLSを業務で扱う者。

有効期限

検定試験合格日の翌年度から3年間

 A日程 2019年1月5日(土)、6日(日)

場  所 福井県大飯郡おおい町 プレーパーク大飯

開催要項   申込書・誓約書

  

 B日程 2019年1月19日(土)、20日(日)

場  所 福井県大飯郡おおい町 プレーパーク大飯他

開催要項   申込書・誓約書

  

アドバンスプールライフガーディング講習会

目  的

プール静水域での水辺の事故防止に努め、監視・救助・救護などの安全・衛生活動に適切に対応できる実践的な知識と技能を身につけた者とする。

学  科

■プールライフガーディングとは ■プールに関する基礎知識 ■プール事故の原因と事故防止        ■プールの監視体制 ■プールライフガードの役割とコミュニケーション ■応急手当 ほか

実  技

■溺者の確保と引き上げ方 ■救助器材を用いたレスキュー ■溺水者に対するBLS(一次救命処)

受講条件

(1)15歳以上(中学生を除く) (2)クロール又は平泳ぎで100m泳げること、1.5m潜れること。(3)BLSを取得していること(他団体の認定資格も含む)。若しくはBLSを業務で扱う者。

有効期限

検定試験合格日の翌年度から3年間

2019年3月9日(土)10日(日)

場  所 京都府舞鶴市 大丹生コミュニティセンター

     福井県大飯郡おおい町 プレーパーク大飯

開催要項   申込書・誓約書

  

  • facebook
PAGETOP
Copyright © KYOTO LIFESAVING All Rights Reserved.